慶大が東大に勝利 好投の木沢「ゼロに抑えられた」/東京六大学

 (東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1日、26日、慶大3-0東大、神宮)

 慶大が東大に3-0で勝利した。慶大は一回に初スタメンの広瀬隆太内野手(1年)が左翼席にリーグ戦1号の2ランを放って先制し、二回に犠飛で1点を加え、ドラフト候補の先発右腕・木沢尚文投手(4年)が6回を5安打7三振3四球無失点に抑え、その後を右腕・小林綾投手(2年)が2回、最終回を左腕・生井惇己投手(2年)が無失点に抑えた。

 東大は、二回までに3点を失ったが、その後は無失点に抑え、打線も5安打の慶大を上回る6安打を放ったが無得点に終わった。

 慶大・堀井哲也監督は、今季初勝利に「東大の(先発)井沢君の投球術は警戒していたが、中盤以降は特に苦しんだ」と話した。木沢は「(慶大は)初戦で、(すでに)1試合をやってきた東大戦ということで難しいと思っていた。内容的には満足ではないが、ゼロに抑えられた」と胸をなでおろしていた。

 今季のリーグ戦は2試合総当たりで行われ、勝利を1ポイント、引き分けを0・5ポイントとし、合計ポイントで優勝争いが争われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ