巨人・戸郷、中8日で27日の中日戦先発

 巨人・戸郷翔征投手(20)が先発予定の27日の中日戦(東京ドーム)に向けてダッシュやキャッチボールなどで調整した。前回登板の18日のDeNA戦(横浜)から中8日と間隔を空けての先発となる。

 高卒2年目の今季は開幕からローテーションを回って12試合に先発し、7勝4敗、防御率2・97と存在感。エース菅野に次ぐ勝ち頭として白星を積み重ねてきたが、8月27日のヤクルト戦(神宮)で7勝目を挙げて以降は3試合で白星から遠ざかっていた。

 新人王争いを繰り広げている広島・森下も12試合で6勝2敗、防御率2・40と好成績を残しているところで、「負けないようにやっていきたい」と意気込んでいた。負けじと好投を披露し、4試合ぶりの勝利へ挑む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ