7号本塁打の大谷「いい形で捉えていた」

 エンゼルスの大谷は23日、サンディエゴでのパドレス戦に「5番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打2打点、1得点だった。内容は右中間本塁打(打点2)、右飛、空振り三振、二ゴロで打率は1割9分4厘。チームは5-2で勝って3連勝。

 ■大谷の話「今日は結構いい形で捉えていた。3打席目の三振もボールの見え方としては悪くない。(左投手は)意識はもちろんするが、特に右左はあまり関係ないと思っている。しっかりといい待ち方ができればいい」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ