大坂なおみが全仏OP欠場 過密日程で左太もも裏に不安? 

 テニスの全米オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たした世界ランキング3位の大坂なおみ(22)=日清食品=が18日、ツイッターで全仏オープン(27日開幕、パリ)を欠場すると明らかにした。左太もも裏の状態が万全でないことが理由とみられる。全米直前の大会で左太もも裏を痛め、決勝を棄権。全米では2回戦からテーピングを施して決勝までを戦い抜いていた。

 左太ももには相当な負担と疲労が蓄積していたようだ。大坂はこの日、自身のツイッターを更新。英語と日本語で書かれた文書に、苦渋の思いがつづられていた。

 「残念ながら今年のフレンチオープンの出場を断念することにしました。2つの大会の日程が近いため、体を整える時間が足りないと判断した」

 全米直前の大会「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」準決勝で左太もも裏を痛め、決勝を棄権。全米では2回戦からテーピングを施し、決勝までの7試合を戦い抜いた。優勝会見では「様子を見て考える」と、全仏オープン出場について明言を避けていた。関係者には早い段階で欠場に傾いていることを打ち明けていたという。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、例年5月末から6月にかけて行われる全仏の開催時期が9~10月に延期された。全米閉幕からわずか2週間の過密日程で、関係者は「全仏までもう1週間空いていれば」と回復に十分な時間が取れなかったことを残念がった。

 ハードコートの全米よりも球足が遅い赤土の全仏は、ラリーが長くなるため下半身にかかる負担が大きい。来季を見据え、けがの悪化を避けるために今年最後の四大大会の欠場を決断。次戦も現状は未定だ。四大大会3勝をマークし、世界ランク1位在位13週の条件と合わせ殿堂入り資格も満たした22歳が、まずはけがの回復に努める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ