大谷が10試合で6度欠場 監督「急がせる必要ない」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は17日のダイヤモンドバックス戦勝利の瞬間を観客席で、マスク姿で迎えた。ここ10試合で欠場は6度。18日のレンジャーズ戦も相手先発が左腕のためベンチスタートの見通しだ。

 投打の「二刀流」が復活した今季は故障で早々と投手を断念。打者専念となっても不振を極めているが、マドン監督は「大丈夫。急がせる必要はない」と言う。「うまくいくためにベストなポジションに置きたい」と右腕が先発予定の19日は起用する方針を示唆した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ