幕内の旭大星が休場 再入幕も左アキレス腱断裂

 大相撲の東前頭16枚目、旭大星(30)=本名大串拓也、北海道出身、友綱部屋=が秋場所5日目の17日、日本相撲協会に「左アキレス腱断裂。約6週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。4日目に敗れた志摩ノ海戦で左足を痛めていた。11場所ぶりの再入幕だった今場所は4日目を終えて2勝2敗。

 旭大星の休場は2018年秋場所以来3度目(同場所で休場2度)。5日目の対戦相手、明生は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜の両横綱や出場停止処分中の平幕阿炎、所属する玉ノ井部屋で新型コロナウイルスの集団感染が発生した十両の東龍、富士東らに次いで8人となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ