阪神・西純、5回1失点「打たせてとるという部分ではよかった」

 阪神2軍は16日、ソフトバンク3軍と鳴尾浜で練習試合を行い、先発したドラフト1位・西純矢投手(19)=創志学園高=が5回を4安打、1失点(自責0)に抑えた。試合は6-8で敗れた。

 西純は力強い直球に変化球も織り交ぜ、打たせてとる投球で5回を62球で1失点(自責0)。5回を投げ切るのは7月12日の大阪ガスとの練習試合(鳴尾浜)以来、プロ相手には初めてだった。「低めにボールを集めることができた。打たせてとるという部分ではよかったかなと思います」。ただ、奪三振ゼロという内容には「三振を取れる投球というのもそうですし、課題はたくさんあります」とさらなる成長を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ