婚約発表の貴景勝、祝勝 先場所V照ノ富士をイッキに/秋場所

 大相撲秋場所初日(13日、両国国技館)白鵬、鶴竜の2横綱が休場して横綱不在となり、出場力士では最高位となる両大関が明暗を分けた。婚約を発表してから初めての場所となる貴景勝(24)は、幕内最下位(幕尻)の7月場所で5年ぶりの優勝を果たした元大関の平幕照ノ富士(28)を押し出し、白星発進。朝乃山(26)は小結遠藤(29)のすくい投げに逆転負けを喫し、早くも土がついた。

 左足で踏み込んで、すぐに右足を前へ出す。左、右腕を伸ばして突き放すと、相手の上体が浮き上がった。貴景勝は間を置かずに前へ、前へ。7月場所を制した照ノ富士にまわしを与えず、電車道で押し出した。

 突き、押しが武器の大関には会心の一番。だが、取組後のリモートによる取材は拒否。口を開かずに引き揚げた。

 2人の対戦は過去1度。平成29年名古屋場所初日、当時平幕だった貴景勝が大関照ノ富士を押し出した。立場をかえた対戦だったが、番付通りの結果を出した。

 自身2度目のかど番だった7月場所では左膝の靱帯(じんたい)を痛め、8勝目を挙げて勝ち越しを決めた翌日の12日目から途中休場。休場明けの今場所前の8月30日には、平成18年6月に亡くなった元大関北天佑の次女で、元モデルの千葉有希奈(ゆきな)さん(28)と婚約を発表した。場所前の電話取材では「いい成績を残したいと思うのはある。土俵で示さないと意味がない」と決意をにじませていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ