伊達公子さん、大坂は「もぎ取った優勝」 四大大会過去2勝とは違う/全米テニス

 テニスの全米オープンを独占生中継するWOWOWでアンバサダーを務める伊達公子さんが13日、女子シングルスを2年ぶりに制し、四大大会3勝目を挙げた大坂なおみ(日清食品)の勝因について、同社を通じてコメントした。

 「1回目の優勝は、勢いもあり勝ってしまったという感じ。2回目も、その勢いがあった。(今回は)人間的な成長やチームの変更も加わって、静かな闘志を持ってもぎ取った優勝」と評価。

 「大会期間中、計画的ではあるのですが、それを見せすぎず、右肩上がりに調子を上げて勝ち切ったところが今までと全く違う優勝に見えた」と続けた。

 大坂は、元世界ランキング1位で初制覇を狙ったビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に1-6、6-3、6-3で逆転勝ち。伊達さんは「ギリギリの状況で切り替えられたのは、勝ちたいという執念ではないか。作戦的に変えたというより、とにかく何か道を作るため、しがみついたメンタルの強さが大きな要因」と分析した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ