全米オープンテニス 大坂が7枚目の抗議マスク

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が12日、ニューヨークで行われた全米オープンのシングルス決勝で、人種差別への抗議として、2014年に警察官の発砲を受けて死亡した12歳(当時)の黒人少年タミル・ライス君の名前が入ったマスクを着用して入場した。大坂は1回戦から被害者の名前入りマスクの着用を始め、決勝までの試合数に合わせて用意した7枚のマスクを全て披露した。

 事件はオハイオ州クリーブランドで、銃のようなものを所持した少年がいるとの通報で駆け付けた警察官がライス君に発砲。手にしていたのはエアガンと判明した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ