伊達公子さんが大坂なおみの全米決勝を展望 「ちょっとした隙が流れ変える」/テニス

 テニスの全米オープンを独占生中継するWOWOWで、アンバサダーを務める第一人者の伊達公子さんが12日、女子シングルスの大坂なおみ(日清食品)とビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)による決勝(日本時間13日早朝)について「大事なポイントでのダブルフォールトなど、ちょっとした隙が試合の流れを変える。ハイレベルな戦いになる」と同社を通じてコメントした。

 2年ぶりの王座奪還を目指す大坂の戦いぶりを「フィジカル面、ショットの精度も良い。メンタル的な部分であまり感情的にもならず、全体的にうまくまとまっている」と評価。「2018年の全米、19年の全豪と2度優勝した後、苦しんだ時期を経てきたからこそできたことなのではないか」と分析した。

 アザレンカは全豪で2度の優勝を誇る。決勝で解説を担う伊達さんは「サーブ力のある2人の対決。ブレーク合戦や、ただラリーが続くということでもない、見応えのある内容になるのでは」と展望した。

 決勝は13日午前4時45分からWOWOWライブで生中継される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ