大坂のコーチ・フィテッセ氏、決勝の鍵は「サーブ」 全米テニス

 テニスの全米オープン女子シングルスで12日(日本時間13日早朝)の決勝に進んだ大坂なおみ(日清食品)のコーチを務めるウィム・フィセッテ氏が11日、オンライン会見に応じ、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)との大一番に向け「ここぞという場面でのサービスエースが試合の勝敗を決めるかもしれない」とサーブが鍵を握るとの見解を示した。

 同氏はアザレンカのコーチを務めたこともある。「プレーを知っているのは有利な点だが、これは全米の決勝。感情をコントロールし、どんな時でもベストなテニスを試みることが全てだ」と、冷静さを保つことの重要性も説いた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ