大谷は4打数1安打 満塁機には三振に倒れる

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は9日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「5番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打だった。内容は右前打、空振り三振、空振り三振、左飛で打率は1割9分5厘。チームは3-7で負けた。

 大谷は満塁機を生かせなかった。1-0の三回1死から3者連続の四球で得たチャンスに打席に立ち、右腕チャベスの内角低めの変化球、明らかなボール球に空振り三振を喫した。

 ここで追加点を奪えなかったチームは2-1の五回に5点を失い、逆転負け。マドン監督は「いらいらした瞬間だった」と投手陣に苦言を呈した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ