大坂のパワーを警戒 準決勝で対戦のブレイディ 全米テニス

 テニスの全米オープン女子シングルス準々決勝で、四大大会は2017年の全豪と全米での4回戦が最高成績だったジェニファー・ブレイディ(米国)が、ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に完勝し、初の4強入り。ノータッチで決めるウイナーを相手の3倍以上の22本奪い、「攻撃的にいくことだけを考えた」と誇った。

 準決勝で対戦する大坂なおみとは過去1勝1敗。「彼女は四大大会を勝っている。サーブも強いし、強烈なショットをベースラインに放ってくる」と、大坂のパワーを警戒していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ