大坂、失格ジョコビッチ教訓に「ラケットたたき壊さないようにしたい」/全米テニス

 テニス・全米オープン第7日(6日=日本時間7日、米ニューヨーク)四大大会の一つ。女子シングルス4回戦で、世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22)=日清食品=は同21位のアネット・コンタベイト(24)=エストニア=を6-3、6-4で下し、初優勝した2018年大会以来2年ぶりの8強入りを決めた。8日(日本時間9日)の準々決勝で世界93位のシェルビー・ロジャース(27)=米国=と対戦する。

 男子シングルス4回戦で、打ったボールが線審に直撃し、危険行為による失格処分となった世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)について大坂は「私も何度かやってしまっている。ラケットをたたき壊さないようにしたい」と自戒を込めた。「寝ていたので、その試合を生で見ていなかった」といい、後で知らされ「ちょっとびっくりした」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ