球児に贈られた“甲子園の土”がメルカリに…上原浩治氏「何か寂しいなぁ…」ツイートに反響 ネット民「ありえねぇ(怒)」

 米大リーグや巨人で投手として活躍した上原浩治氏(45)が自身のツイッターで、「こんなことをする奴がいるんかぁ。何か寂しいなぁ…」と嘆いた。新型コロナウイルス感染拡大で甲子園の夢を絶たれた球児を励まそうと、高校野球部の3年生に贈られた「甲子園の土」入りのキーホルダーが、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に相次いで出品されていたためだ。上原氏のツイート後、広く報道されたこともあり、「残念すぎます」「これは本当にひどい」など大きな話題になった。

 オークションサイトやフリマアプリが普及した結果、誰でも気軽に個人間売買ができるようになったが、安易な利益追求のための高額転売などが問題視されることも。そんななか、プロ野球阪神と阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)が全国の高校野球部と女子野球部の3年生全員に贈った「甲子園の土」入りキーホルダーが、「メルカリ」に相次いで出品されていることが判明。上原氏は4日夜、自身のツイッターを更新し、「残念なニュースが…」と切り出すと、「せっかく、阪神園芸さん、監督、選手たちが集めて作った、『甲子園の土キーホルダー』が、オークションに…」とツイートした。そして、「こんなことをする奴がいるんかぁ。何か寂しいなぁ…阪神の関係者の気持ちもキーホルダーには入ってるのに…」と嘆いた。上原氏は8月8日、ツイッターで「甲子園の土」キーホルダーをプレゼントする企画について、「球児たちは喜ぶことでしょう」と絶賛。「本音は試合をしたかったでしょうが…」と球児たちを気遣っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ