平野は1回を無失点 大谷とのメジャー初対戦は右飛

 米大リーグ、マリナーズの平野佳寿は30日、アナハイムでのエンゼルス戦で1-1の八回に3番手で登板し、1回を1安打無失点、1三振1四球で勝敗は付かなかった。防御率は0・00。試合は延長十回の末、2-1で勝った。

 平野はメジャーで初対戦した大谷を打ち取るなど、4試合目の登板でも無失点だった。

 先頭の出塁を許した直後に大谷を迎えた。「一塁ランナーが速いので長打は避けたかった。ゴロを打たせる感じで」配球を考えたそうだが、1ストライクからの高め直球で右飛に。「いいコースに投げることができた。僕の中では見せ球、ファウルになってくれればと思っていた」と語った。

 今季初めて終盤の接戦で起用された。しかもトラウト、レンドンら強打者を擁する打線相手。「マウンドに上がれば自分の投球をするだけ。気負わず投げることができた」と振り返った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ