大谷は4打数1安打1盗塁 終盤の好機に沈黙

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は30日、アナハイムでのマリナーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打、1盗塁だった。内容は四球、右前打、見逃し三振、右飛、空振り三振で打率は1割8分1厘。試合は延長十回の末、1-2で敗れた。

 大谷は三回に10打席ぶりの安打を放ったものの、終盤の勝負どころで沈黙した。同点の八回無死一塁、メジャーで初対戦した平野に右飛に。1-2の延長十回1死二塁では外角を攻められ、最後は外角高めの速球に空振り三振した。

 なかなか調子が上がらず、マドン監督は試合前に2番から打順を下げる考えを聞かれていた。その際の「簡単に下げることはできる。間もなく良くなることを期待している」との言葉には応えられなかった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ