貴景勝、美女モデルと婚約!元大関北天佑の次女、千葉有希奈さんと「ずっと人生を歩んでいきたい」

 千葉さんの父は故・元大関北天佑。貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(59)=元小結隆三杉=とは学年が同じで、昭和51年春場所が初土俵の同期生。同親方によれば、現役引退後も食事に行くなど親交が深かった。同親方は貴景勝から婚約の報告を受けたのはごく最近と明かし、「あの北天佑の娘さんと聞いて本当にびっくりした。これも縁だと感じた。(家庭を持って)さらに落ち着いてくるはず。やる気も違ってくるだろう」と祝福した。

 現役時の北天佑は、師匠だった三保ケ関親方(元初代大関増位山)が兄弟子の元横綱北の湖と「東西の横綱に並べるのが夢」と期待していたほどの逸材だった。幕内優勝2度、大関在位44場所で平成2年に引退後は年寄「二十(はたち)山」として二十山部屋を興したが、同18年6月に腎臓がんのため45歳の若さで亡くなった。

 千葉さんは約3年前の相撲雑誌で結婚観に触れ、「大関の娘」と結婚する相手の立場を「プレッシャーでしかないでしょう」と思いやっていた。平成8年、「子(ね)年」生まれで5日に24歳となった貴景勝は年男。大関として、愛をがっちり受け止めた。

 貴景勝は大関在位6場所だが、大関としての優勝はない。秋場所では小結で初優勝を飾った平成30年九州場所以来の賜杯へ照準を合わせ、「この人と共にずっと人生を歩んでいきたいと思いました。これからも、感謝の気持ちを忘れず、より一層相撲道に邁進する所存でございます」。間もなく、一皮も二皮もむけた大関がみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ