羽生結弦、GPシリーズ欠場 「自粛」することが「感染拡大防止の活動の一つになりえると」/フィギュア

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(25)=ANA=が、2022年北京五輪のプレシーズンにあたる今季のグランプリ(GP)シリーズを欠場することが明らかになった。日本連盟が28日、発表した。新型コロナウイルスの感染リスクを考慮した。

 ぜんそくを持病とする羽生は日本連盟を通じ「呼吸器系基礎疾患を有する者が罹患した場合、重症化し易いとの情報もあるので、可能な限り慎重に行動したいと考えています。大変残念ではありますが、欠場を決心しました」(原文ママ)とコメントした。羽生がけが以外でGPシリーズを欠場するのは初めて。

 GPシリーズは日本を含めた6カ国で10月下旬から開かれる。国際連盟は出場者について、地元選手や開催国に拠点を置く選手などに制限する方針。羽生は拠点のカナダに渡航した場合、自主隔離が必要となるため万全な状態で試合に臨めないと判断。師事するブライアン・オーサー氏がカナダから来日するのは困難と説明した。

 「私が動くことによって、多くの人が移動し集まる可能性があり、その結果として感染リスクが高まる可能性もあります。私が自粛し、感染拡大の予防に努めるとなれば、感染拡大防止の活動の一つになりえると考えております」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ