巨人・松原のビッグプレーで「ライトゴロ」トレンド入り! SNS「プロであるもの?」「少年野球でしか見たことないw」

 プロ野球・巨人の松原聖弥外野手(25)の“ビッグプレー”が27日のヤクルト戦(神宮)で飛び出し、ネットが大盛り上がりとなった。

 注目のプレーは、ヤクルトの攻撃だった四回裏に見られた。2死三塁の場面で、この日の先発・高梨がライトへ強烈な打球をはじき返した。定位置よりもやや前に守っていた巨人の右翼手、松原はワンバウンドで捕球すると、迷わず一塁へレーザービーム。高梨も懸命に駆け抜けたが結果はアウトとなり、ライトゴロが成立。失点を回避する好プレーに球場がどよめいた。

 プロ野球では珍しいこのプレーにネットも騒然。同日、ツイッターでは「ライトゴロ」がトレンドに入り、野球ファンからさまざまな反応が集まった。

 目立ったのは、「初めてみた」と驚くもので、「プロ野球見まくってたのに、ライトゴロ初めてみた笑」「ライトゴロとか初めて観たわ…「ライトゴロってプロであるもの?」などの書き込みがズラリ。“バーチャル”な世界ではよくあるプレーだけに「ファミコン時代の野球ゲームではライトゴロは普通の現象」「ライトゴロ ファミコンの野球ゲームでやられた経験あり(笑)」とボケるネットユーザーも少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ