全米オープン欠場の錦織、欧州ツアーから復帰を目指す

 【ニューヨーク26日=日本時間27日】男子テニスで、新型コロナウイルスに感染した錦織圭(30)=日清食品=が、自身の公式アプリを更新し、31日に開幕する全米オープン(ニューヨーク)を欠場すると発表した。

 3度目のPCR検査で陰性となったが、3セット制のツアー大会とは異なり、全米オープンは5セット制のため「十分に準備できるまで、復帰は賢明ではない」と判断した。2014年に準優勝した舞台で「大好きな思い出のある大会なので残念」と英語でつづった。

 今後については「クレーコートの大会からスタートするつもり」とコメント。全仏オープン(9月27日開幕、パリ)に照準を定め、欧州でのツアーから復帰を目指す。9月8日開幕の「ゼネラリ・オープン」(オーストリア)にエントリーしている。出場すれば、昨年10月に右肘の手術を受けた錦織にとって、同年9月の全米オープン3回戦以来、約1年ぶりの実戦復帰となる。

 錦織は練習拠点の米フロリダ州で16日に検査を受け、陽性が判明。21日の再検査でも陽性が確認され、自主隔離を続けていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ