SP、フリーとも同じ演目 五輪プレシーズンの宇野

 フィギュアスケート男子で2018年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は26日、22年北京五輪プレシーズンの今季のショートプログラム(SP)、フリーとも昨季の演目を継続すると公式サイトで発表した。SPはシェイリン・ボーンさんが振り付けた「グレート・スピリット」、フリーはデービッド・ウィルソン氏が手掛けた「ダンシング・オン・マイ・オウン」。

 新型コロナウイルスの影響で現在、国内で調整している宇野は、元世界選手権王者のステファン・ランビエル・コーチの指導を直接受けるため近く、コーチの母国スイスに向かうという。「ステファンとも離れて練習していたこともあり、新しいプログラムに着手することが困難でありましたが、今のプログラムが2年目でより良くなってきたことも理由の一つです」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ