エ軍公式サイト、大谷は「本塁打で連続無安打記録に終止符を打った」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)は23日(日本時間24日)、敵地オークランドで行われたアスレチックス戦に「5番・DH」で先発し、22打席ぶりの安打となる5号3ランを放つなど、4打数2安打3打点で

復調した。チームは延長十回、4-5でサヨナラ負けを喫した。無安打記録を脱出もチームは延長で敗れる」との見出しを打って、「大谷は三回に3ランを放って、自己キャリアワーストとなった連続無安打記録に終止符を打った」と伝えた。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタッツキャスト」によると、大谷が逆方向に運んだ今季5号3ランの初速度は111.3マイル(約179キロ)。飛距離439フィート(約134メートル)だった。

 マドン監督はチームの延長での敗戦に「序盤リードしていて、その後ひっくり返される。今季はこんな負け方を5度、いや6度している」とコメント。ア・リーグ西地区最下位に低迷しているチームは、この日の敗戦で早くも今季20敗目(9勝)となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ