羽生結弦、早大の卒論完成!コロナ禍で練習時間減り「勉強にすごい集中」/フィギュア

 現在もコロナ禍の影響を受け、できる限りマスクを装着。リンクに入る際、スケート靴の刃を守るエッジカバーをおでこにつけて祈ることがルーティーンのため、それらを含め「できる限りのところは全て消毒して」と現状を明かした。一方で、最前線で闘う医療従事者への感謝の思いも述べ「ウイルスをまず自分に感染させない。そこから広げないことをすることこそが一番の皆さんへの応援」と語った。

 羽生は今後、予定通り開催することが発表されたスケートカナダ(10月30日-11月1日、オタワ)、NHK杯(11月27-29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の2大会のいずれかに出場するとみられる。「早く皆さんの前で思い切って、少しの不安もなく少しの心配もなく、自由に演技して自由に声を出して、自由に笑える、自由に泣ける、そんな日がくることを願っています」。最後にアスリート、人としての率直な思いも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ