大谷が逆転の5号3ラン 22打席ぶりの安打

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平はアスレチックス戦に「5番・指名打者」で臨み、0-2とリードされた三回の第2打席で22打席ぶりの安打となる逆転の5号3ランを左中間越えに放った。

 大谷は三回1死二、三塁の好機に、相手先発の右腕モンタスが投じた4球目、真ん中の95マイル(約152キロ)のシンカーをとらえた。七回の第4打席でも右前に安打を放ち、複数安打とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ