錦織圭、新型コロナ感染でネットに衝撃 SNS「復帰戦やったのに」「肺機能への後遺症が残りませんように…」

 男子テニスで世界ランキング31位の錦織圭(日清食品)が16日、新型コロナウイルスに感染したことを公表し、ネットにも衝撃が走った。翌17日、ツイッターでは「錦織圭選手」「錦織くん」「錦織コロナ」といったワードがトレンド入りし、ネットユーザーから「マジでか!?」「ショックすぎる…」といった驚きの声が上がった。

 錦織は16日、自身の公式アプリを更新し、感染を報告。16日朝、米フロリダ州で検査を受け、陽性反応を示した。21日に再検査を受ける予定だが、現在、症状はほとんどなく、自主隔離を行っているという。

 錦織は昨年10月に右肘を手術。22日にニューヨークで開幕する大会で復帰予定だったが、欠場することになった。この大会はグランドスラムの1つ、全米オープンの前哨戦とされていた。

 ネットには「やっとの復帰戦やったのに」「やっとやっと彼のテニスが見れると思ったのに!!残念だよ。コロナが本当に憎い…」「怪我からの復帰戦に出られない錦織くんが一番悔しいよね」など、錦織を気遣う書き込みがズラリ。症状が軽いという本人の声を受け、「無症状とはいえお大事に…」「早く元気になってほしい」「1日も早い快復を願ってます!!」といったエールも相次いでいる。

 錦織のプレースタイルから今後について心配するツイートも多い。SNSには「シングルスは走り続ける競技だから肺機能への後遺症が残りませんように…」「アスリートとして戦える身体に治ってくれることを祈るばかり」といったつぶやきも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ