【一問一答】エンゼルス・大谷、腕の違和感「いつからか、よくわかってない」

 【シアトル(米ワシントン州) 5日(日本時間6日)】2日の登板後、右腕に違和感を覚え、MRI(磁気共鳴画像装置)検査の結果、右前腕屈筋群に損傷が見つかり、今季の投手復帰が見送られることになったエンゼルスの大谷翔平選手(26)。マリナーズ戦の試合前にリモート会見に応じ、違和感を覚えた経緯、今度も二刀流を続けていくかどうかなど、思いを語った。主な一問一答は以下の通り。

 ――違和感をいつ覚えたのか?

 「(復帰)1戦目から100%だったわけではないですし、それは術後の感じなのかどうかは自分ではわからないので、今回、MRI撮って(損傷が)出ましたけど、(違和感の要因が)いつからなのか、よくわかってない」

 ――2年連続で投げられないことになった。

 「バッティングがあるので、そこで頑張りたいなという気持ちもありますけど、自分の感覚的に、今年、もとみたいにビシビシ、何イニングも投げる感じではなかった」

 ――二刀流を今後も続けることは大切か?

 「やれと言われたら・・・野手をやれと言われたらやりますし、ピッチャーやれと言われたらやりますけど、どちらも出来るのであれば、もちろん、その可能性があれば、やりたいなと思います」

 ――こっちに来る前、日本で会見したときに、二刀流は、ファンや支えてくれた人たちのためにも続けていきたい、と話していたが、その気持は変わらない?

 「そうですね。可能性があればやりたいなと思ってますし、そのことを含めて、エンゼルスに獲ってもらったので、まずは投げられるように、もう1回、頑張りたいなと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ