大谷「可能性あればやりたい」 来季の二刀流に意欲

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(26)が5日、敵地シアトルでのマリナーズ戦前に右肘付近の故障後初めての取材対応をオンラインで行い、来季以降の投打の「二刀流」の継続に「可能性があればやりたい。来年の頭から、しっかり投げられるようにやりたい」と意欲を語った。

 大谷は7月26日に右肘の靱帯再建手術から2季ぶりに投手復帰し、二刀流が復活した。だが2日の2度目の登板後に右腕の違和感を訴え、精密検査で右肘付近の「屈筋回内筋痛」との診断を受け、投球再開には一般的に4~6週間を要するとされた。「1戦目から100パーセントだったわけではない。(違和感は)いつからなのかもよく分かっていない」と振り返った上で、」「最初から痛みがゼロの状態で100パーセント投げられるとは思っていない。切り替えていきたい」と述べた。

 再手術の可能性は「ないとは言われている」と大谷。投手ではプレーせず、指名打者に専念する今季の残り試合に向け、「打撃はあるので、そこで頑張りたい」と意気込んだ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ