ソフトバンク・三笠GMがオンライン会見 「1軍の活動には支障はない」

 ソフトバンク・三笠杉彦取締役ゼネラルマネジャー(46)が2日、オンラインで記者会見を行った。前日1日に長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルスに感染したことを受け「1軍の活動というところについては支障はないと判断しています」と現状と今後のチームの動きを明かした。 

 2日の西武戦(ペイペイドーム)は中止。ペイペイドーム、タマホーム筑後に分かれて約200人にPCR検査を実施した。ファーム施設から1軍に帯同している選手・スタッフ7人は前日1日に先に陰性の判定を受けていたという。

 2日に受けたPCR検査の結果は、3日の全体練習終了までには判明する見込み。1軍全員の検査結果を踏まえて、4日からの楽天戦(楽天生命パーク)のため、仙台入りする方針だ。

 また、現在ファームで体調不良を訴えている選手が1人いるという。発熱があるといい、同GMは「申告があった。ファームの選手ですので(長谷川とも)接触があった可能性は考えています」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ