照ノ富士が優勝!平成27年夏場所以来2度目/7月場所千秋楽取組

 大相撲7月場所千秋楽(2日、両国国技館)前日単独トップ12勝を挙げていた幕内最下位(幕尻)の東前頭17枚目照ノ富士(28)が、御嶽海に寄り切りで勝ち、13勝2敗とし、平成27年夏場所以来、30場所ぶり2度目の優勝を決めた。

 前日まで11勝の新大関朝乃山(26)は、同じく11勝で並んでいた関脇正代(28)に押し出しで勝ち、12勝3敗で今場所を終えた。

 ◆照ノ富士 「いろんなことがあったんですけど、最後にこうやって笑えて、続けてきてよかったなと思います。やってきたことを信じて一生懸命やりました。(昨日敗れたことについては)昨日のことは昨日で終わり。今日から前向きにやった。(前回の優勝は)行け行けのときに優勝してますからね。今はひとつのことに集中してやっている。支えてくれた人たちにもう一回恩返ししないとと思った」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ