阪神・岩崎、ピンチで好投 7月に入り4試合無失点

 (セ・リーグ、阪神2-4DeNA、5回戦、DeNA3勝2敗、11日、甲子園)阪神・岩崎が2-0の七回1死一、二塁のピンチで、好投していた先発の西勇に代わって登板。梶谷を中飛、代打・桑原を空振り三振に仕留めて無失点で切り抜けた。「西さんが頑張ってくれていたので、ゼロに抑えることができてよかった」。逆転負けを喫したが、セットアッパー左腕は7月に入って4試合連続で無失点と安定感は抜群だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ