阪神、4連勝でストップ 藤川がリリーフ失敗 痛恨の逆転負け

 (セ・リーグ、阪神2-4DeNA、5回戦、DeNA3勝2敗、11日、甲子園)また球児が打たれた! 阪神がDeNAに2-4と逆転負け。連勝は「4」で止まった。2-1の九回に登板した藤川球児投手(39)が、また背信投球だ。

 1死から梶谷に四球。桑原に中前に運ばれ、中堅に入った植田がゴロを後逸。この間に、一塁走者の梶谷が一気に生還して同点に。さらに悲劇が待っていた。藤川はソトに投げた直球を左中間スタンドに被弾。ここで守護神は降板となった。

 この日はエースと4番が奮闘した。ボーアが二回、今永のカットボールを左中間席へ運ぶ4号先制2ラン。投げてはエース西勇が6回1/3を6安打無失点の好投。七回1死一、二塁で西勇からバトンを受けて登板した岩崎が無失点に抑えた。八回に登板したスアレスは1失点を許したが、なんとか踏ん張った。しかし、最後に悲劇が待っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ