ヤクルト・つば九郎、広島の主砲・鈴木誠也をけん制!?「もしつばくろうにあてたらこうなるぞ!」

 ヤクルトの球団公式マスコット、つば九郎が1日、広島1回戦(神宮)前に、恒例となっている“フリップ芸”を披露。広島の若き主砲・鈴木誠也外野手(25)をけん制(!?)した。

 冒頭は「かーぷのみなさん かーぷふぁんのみなさん ことしもよろしくおねがいしまーす」とあいさつ。その後、話は6月26日にナゴヤドームで行われた中日-広島1回戦の四回に、鈴木誠がバックスクリーンに4号ソロを放ったことに及んだ。この時、バックスクリーンには中日の球団マスコット、ドアラがいて、あわや打球直撃の危機だった。

 仲良し(?)のドアラの身に起きた危機一髪の出来事を取り上げ「もしつばくろうにあてたらこうなるぞ!」とフリップに記したつば九郎。「せいやくんのせばんごう1→51にもどす」「つばくろうあらーとがはっせいしてつばくろうあかくなる」「なまえもつばあかうになる」「すずきせいやようぎしゃ(25)になる」などけん制(?)した。

 最後には、昨年12月に新体操の元日本代表で現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山愛理(25)と結婚したことを挙げ「しんこんのおくさんがつばくろうのものになる つばあいり」「そのかわりやくるとのはたけやまこーちが すずきかずひろふじんとなる」とつば九郎節が全開だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ