10試合で8敗目の阪神矢野監督「柳対悠輔(大山)で勝負にいった」

 阪神は30日、ナゴヤドームで5位の中日に0-5で敗れた。矢野監督は6回1失点と好投しながら打線が援護できなかった先発青柳について「ゴロを打たせて、らしいピッチングができたけど、打線が打てないんで。それに尽きるやろうなあ」と話した。

 得点圏に4度走者を進めたが、あと一本が出なかった。5安打で今季2度目の零敗を喫した深刻な貧打について「これだけみんな悪いとね。四球、四球をもらってるところもあってもね。本当にちょっと苦しい状況ではあるんだけど。あしたも試合はもちろんあるんで、何とか変えたいんだけど、なかなか突破口がみえない」と話した。

 1点を追う六回2死一、二塁で右投手の柳に対して、右の代打に大山を選択した。左の代打は福留、高山らが控えていたが「どうせ左がきたってね。絶対に左が来る場面。だったら柳対悠輔(大山)で勝負にいったんで」と説明したが、三ゴロに倒れ、無得点に終わった。

 糸井とマルテは好調だが、他の打者の状態が上がってこない。

 「マルちゃん(マルテ)と嘉男(糸井)がね、いいというよりも本来の自分の力を出してくれているけど、みんな、まわりがね。まあ、リュウ(梅野)もまあ別に悪くないけど。つながらないんで、どうやってもこれは。本当に前を向いてやるしかない。それしか言いようがなくて申し訳ないんやけど」と声を絞り出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ