出場拒否のDバックス右腕、60試合制の今季年俸6億円を放棄/MLB

 米ヤフーは29日(日本時間30日)、今季60試合制として来月20日過ぎに開幕が決まった大リーグで、新型コロナウイルスの感染流行を懸念し、ダイアモンドバックスのマイク・リーク投手(32)、ナショナルズのライアン・ジマーマン内野手(35)、ジョー・ロス投手(27)の3選手が今季出場拒否の権利を行使したと伝えた。

 ヤフーは「この日、ダイヤモンドバックスのベテラン先発投手、マイク・リークが同感染流行の中、今季プレーすることは自身と家族の健康面でリスクになるとし、今季の出場辞退を表明した最初の選手となった。ナショナルズのジマーマンとロスも2020年シーズン、プレーしないことを決めた」と報じた。

 通算105勝のリークの今季年俸は当初1600万ドル(約17億円)。60試合制で減俸となっても560万ドル(約6億円)の支払いが保証されていたが、放棄する形となった。今季は5年契約の最終年で、来季は球団に選択権がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ