阿炎、3つ年下の一般女性と結婚 小学校の後輩

 大相撲の東前頭5枚目阿炎(26)=錣山部屋=が29日、報道陣の電話による代表取材に応じ、同じ埼玉・越谷市出身で3つ年下の一般女性と結婚したことを自ら明らかにした。24日に婚姻届を提出。すでに、東京都内で同居している。

 2人は阿炎が幕下優勝を飾った平成29年春場所前後から知人の紹介で付き合いを始め、「学生だったんですよ。専門学生、看護学校に行っていた。3月に卒業したので。(結婚へ向けて)ちょっとずつ進めていった」と、小学校の後輩でもあるという。

 プロポーズは3月の春場所の部屋宿舎(奈良県)から電話して「『そろそろ決めようか、帰ったら結婚しよう』って。相手は『うん』って。(正式には)東京に帰ってきて自分の家でいった」。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)に報告した際には「よかったな、って。これで落ち着けるかな」と祝いの言葉をもらった。現在は無観客開催を目指す7月場所(19日初日、東京・両国国技館)へ向けて、相撲を取る稽古を再開したことも明かし、「すっきりした状態で場所を迎えたかった」と、新たな門出を機に再び三役復帰を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ