最終Rは29日に順延 西郷真央「いい方につながれば」/国内女子

 アース・モンダミンカップ最終日(28日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 大会主催者と日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、28日に予定していた最終ラウンドを悪天候のため29日に順延すると発表した。予備日の適用は1997年の「日本女子オープン」以来で、JLPGAの主催・公認競技としては初となる。

 大会は第3ラウンド終了時で、1998年度生まれの黄金世代の一人でツアー未勝利の田中瑞希(21)=フリー=が通算11アンダーで単独首位に立っている。

 順延を受けて、首位と3打差の2位につけている西郷真央(18)=大東建託=は「ホテルで明日になりましたというメッセージを見ました。きょうは練習場へいって調整する予定です。昨日、ラウンド後の練習でちょっとしたずれを修正できたので、それを確認したい。きょう一日で体力を回復できると思うし、いい調整ができると思う。いい方につながればと思います」とコメント。

 同じく2位の古江彩佳(20)=フリー=も「YouTubeで昨日の自分のプレーを見ている所でした。(きょうは)キャディさんと相談して、明日の戦略などを立てたいと思います」とコメントした。なお、渋野日向子(21)=サントリー=は予選落ちしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ