史上初の高校生救済トライアウト プロ志望届提出者が対象…8、9月に東西各1カ所で

 日本学生野球協会は25日、理事会を開き、日本高野連と日本野球機構(NPB)がプロ志望の高校生対象の「合同練習会」を8、9月に開催することを承認した。プロのスカウトが一斉に視察できる初の試み。新型コロナウイルスの影響による春の選抜大会、夏の全国高校選手権大会中止など試合機会に恵まれなかった高校生に対する救済措置として、異例のアピールの場が設けられる。

 10月26日のドラフト会議へ、高校3年生に貴重な“ステージ”が用意される。日本学生野球協会が理事会で「合同練習会」を開催することなどを承認した。

 「今年の高校3年生は公式戦がほとんどなく、各都道府県高野連の独自大会も無観客試合が多い。プロのスカウトが見る機会が少なく、3年生の平等性を限りなく担保しようということになった」。日本学生野球協会の内藤常務理事が、今年限りの特例での措置を説明した。

 NPBと日本高野連の主催で実施され、会場は両者協議の上でNPB側が手配する。フリー打撃、紅白戦など開催の形式も話し合われる。日程は8月29、30日と9月5、6日の2度。東西各1カ所で開催の見込みで、希望者が多い場合は9月12、13日にも実施する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ