ラグビーW杯日本大会、過去最大の経済効果6464億円!

 日本ラグビー協会は24日、昨年開催されたW杯日本大会の成果を分析したリポートを発表。経済波及効果は大会前の試算4372億円を2000億円以上も上回る、過去最大の6464億円となった。アジア初の楕円(だえん)球の祭典がインバウンド効果を呼び、過去8度の伝統国での開催を大きく超える金字塔を打ち立てた。また、“にわかファン”がテレビなどで観戦し、大会を盛り上げたことも数字で裏付けられた。

 閉幕から7カ月余りが過ぎても、ラグビーW杯の感動は胸に残る。日本が昨年の流行語大賞にも選ばれた「ONE TEAM」(ワンチーム)を体現して、初の8強入りの大快挙。184万枚弱を売ったチケット販売率99%(台風で中止の3試合を含む)は前回2015年イングランド大会を1ポイント上回り、W杯史上最高。経済波及効果6464億円も9度目のW杯で過去最大となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ