清原和博氏「ボーア選手のような形になってしまう」開幕3連戦の難しさ語る

 元西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を記録した元プロ野球選手の清原和博氏(52)が22日、CSフジテレビONE「プロ野球ニュース 2020」(後11・0)に生出演。今月15日に4年の執行猶予(覚せい剤取締法違反)期間が満了して以降、初のテレビ出演となった。

 プロ野球の開幕3連戦の感想を問われると、「いい人と悪い人がはっきり出る。1本(安打が)出ると調子が上がってくるし3タコ、4タコ食らうと、ボーア選手のような形になってしまう」と巨人戦で不振だった阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)を持ち出し、苦笑いを浮かべた。

 2008年限りで現役を引退した清原氏は、16年に自宅マンションで現行犯逮捕され、有罪判決を受けた。昨年3月、厚生労働省が主催した酒や薬物の依存症への理解を深めるイベントに出席して約3年ぶりに公の場に姿を見せ、徐々に活動の場を増やしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ