伊達公子さん、“ポスト大坂”育成へ 国際ジュニア大会を新設/テニス

 女子テニスで元世界ランキング4位の伊達公子さん(49)が17日、東京・品川区で行われた記者会見に登場。自身の名前を冠にした国内8大会目となる国際テニス連盟(ITF)のジュニア大会「リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT」の新設を発表した。愛媛県総合運動公園(松山市)で、11月30日から12月6日に行われる。

 生涯契約するヨネックスとともに2019年1月に始動した15歳以下の女子ジュニア育成プロジェクトの一環。日本テニス協会とオフィシャルスポンサー契約を締結した大正製薬株式会社と協力する形で実現した。

 アジア出身の女子選手で史上初めて世界ランク4位に到達するなど、世界で結果を残してきたレジェンドは「自分がこれまでに経験したことを伝え、ジュニアの選手がより良い環境で、いい経験を積めるように最大限サポートしたい」と宣言。「大坂なおみ選手というトップを走る大きな存在が日本にいるものの、続く選手がいない。下の世代からなかなか出てこない現状がある。早く手を打たないといけない。覚悟を決めて一歩踏み出した」と語った。

 また、伊達さんがヨネックスと共同開発した新ラケット「ASTREL(アストレル)」を発表。「柔らかい打球感なのに、しっかりはじく。テニスの好きな人に満足してもらえる」と笑顔でアピールした。同商品は18日から販売される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ