ソフトバンク和田、4回2/3を5失点

 ソフトバンク・和田毅投手(39)が13日、広島との練習試合(ペイペイドーム)に先発登板し、4回2/3を投げて5失点。開幕に向け最後の登板で、91球と球数を要した。

 「自分の中では、調子はよくないと感じながらのマウンドでした。その中でも初回から四回まではうまくバッターと勝負できたと思います。五回はボールを操ることができずによくない部分が出てしまった」

 二回まで無安打に抑えたものの、三回2死からピレラに左翼席上段に突き刺さるソロアーチを浴びた。五回には1死から四球を与えると3連打を浴びるなど、3巡目に捕まった。2死三塁とピンチを作ったまま、2番手の津森にバトンを託したが、その津森がメヒアに右前適時打を浴びた。

 和田は3年ぶりの開幕ローテ入りがすでに確定。開幕2戦目の20日のロッテ戦(ペイペイドーム)で登板が濃厚となっている。プロ18年目を迎える大ベテランは「同じミスはしないようにしていきたい」と修正を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ