ロッテ試合球にベンツマーク!井口監督「マリーンズも頂点に」

 ロッテが今季、本拠地ZOZOマリンスタジアムで開催する1軍公式戦で使用する試合球に、スポンサーであるメルセデス・ベンツ日本のロゴマークが刻印されることになった。

 井口資仁監督(45)がベンツを愛用していることがきっかけで実現し、8日に球団を通じて「プロ1年目の22歳のときから現在に至るまで20年以上、ベンツに乗っています。世界に誇る自動車のようにマリーンズも今シーズン、プロ野球の頂点に立ちたい」とコメントした。

 メルセデス・ベンツ社は2017年から試合協賛を行っている。統一球にスポンサーのロゴが入るのは12球団初で、パ・リーグは既にロゴの使用を承認。試合球に刻まれる“ベンツマーク”は直径9ミリほどの大きさとなっている。(石井孝尚)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ