「無観客試合」に代わる名称を募集 「自宅応援試合」「家で観てるよ試合」…アイデア殺到

 サッカーのJリーグやラグビーのトップリーグなど、12のリーグが加盟する日本トップリーグ連携機構の代表理事・会長の川淵三郎氏が3日、同機構の公式サイトで、無観客試合に代わる名前を募集すると発表した。ツイッターでは「#無観客試合を変えよう」のハッシュタグ(話題をまとめる機能)がトレンドに入り、スポーツファンからさまざまなアイデアが寄せられている。

 12リーグの競技力の向上、運営の活性化を目指す活動を行う同機構は、各リーグと連携し、無観客試合に代わる名前を同日から9日までツイッターで募集。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言も解かれ、スポーツ界ではそれぞれのリーグが動き出そうとしているが、はじめは観客を迎えず、選手など関係者のみで試合を行う。一般的に「無観客試合」と呼ばれるが、川淵氏は「(無観客試合は)プロスポーツ界では懲罰を意味しており、世界を見渡してもあまり前向きな名前がついておりません」と問題提起し、「あらゆるスポーツの再開の前に思い至ったのは、この名前を少しでも前向きなものに変えられないかということです」と無観客試合に代わる名称を募集すると決めた理由を説明した。

 応募方法はツイッターで「#無観客試合を変えよう」をつけて投稿するといったもの。非公開アカウントは応募対象外となる。賞品は、採用案を複数の人が出す可能性があるとして、設けられていない。

 ツイッターでは早くも盛り上がりを見せ、この試みについて「『無観客試合を変えよう』というタグ、前向きで非常にいいね」「いいですね 『無観客試合』って舌噛みそうだし」「確かに無観客試合ってやらかした時だもんな」「細やかな所を変えるのってその事柄に対して熱い想いがあるからだし素敵だな」などと注目されているようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ