プロ野球、7月までの日程発表、開幕戦「巨人ー阪神」トレンド入りにネット「熱い戦いとなりそうだ」

 プロ野球のセ、パ両リーグは1日、新型コロナウイルス感染拡大のために延期され、19日に開幕する公式戦日程の一部を発表した。今季予定されている各球団全120試合のうち、セは7月23日、パは同19日までの日程が発表され、今年のプロ野球は、巨人-阪神(東京ドーム)などのナイター6試合でシーズンが幕を開ける。このニュースに多くのプロ野球ファンがネットで歓喜。ツイッターでは「巨人-阪神」がトレンドに入るなど、開幕を待ちわびた多くのファンが喜びを爆発させた。

 SNSには「ついに野球始まる!!嬉しい」「楽しみやー」「待ってましたー!」「正直待ちくたびれたけど、いざ日程発表されるとスゲぇワクワクしてきた」などの書き込みがズラリ。また、セでは、いきなり“伝統の一戦”が組まれたことにファンが大喜びし、ツイッターには「開幕カード、伝統の一戦かぁ…。盛り上がりそうだ」「いきなり巨人-阪神とは、テンション上げてくれるじゃないの」「開幕は巨人阪神か いいカードだな」などのコメントが並んだ。

 両軍のファンの間では、早くも開幕戦の先発投手予想が盛り上がっており、「西勇輝投手の相手は当然巨人の絶対的エース菅野投手。熱い戦いとなりそうだ」「菅野智之vs西勇輝の投げ合いなんて想像するだけでワクワクしてくる」といった書き込みも見られた。

 そのほかの開幕カードは、セがヤクルト-中日(神宮)、DeNA-広島(横浜)、パは西武-日本ハム(メットライフドーム)、ソフトバンク-ロッテ(ペイペイドーム)、オリックス-楽天(京セラドーム大阪)。12球団は2日から練習試合を再開し、開幕に向けた準備が本格化する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ