ヤクルト・高津監督、奥川7月1軍デビュープラン「ヤバイですね。こんな球を18歳が投げるんだ」

 ヤクルト・高津臣吾監督(51)が24日、ドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=を7月に1軍デビューさせるプランを披露した。テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」に出演し、現役時代にバッテリーを組んだ古田敦也氏(54)とのリモート対談で明かした。

 かつての女房役を相手に高津監督の舌は滑らかだった。古田氏が奥川について、「開幕から1軍っていうのはない?」と斬り込むと、指揮官は「ないですね」と断言。だが、すぐに1軍デビューのプランを明かした。

 「7月は…、可能性はあると思います。ファームで80~100球は投げられないといけない。それを何回かこなせれば1軍デビューでしょうね」

 25日にも6月19日の1、2軍同日開幕が発表される中、黄金ルーキーのデビューも少しずつ近づいてきた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自主練習期間となっていた4月以降、奥川はほぼ中5日の登板間隔でブルペン入り。指揮官は何度も埼玉・戸田球場に足を運び、最速154キロ右腕の投球を生でチェックしてきた。近日中にフリー打撃での登板も予定されており、「ヤバイですね。こんな球を18歳が投げるんだって。ちょっと驚きました。あれは勝てますよ」と古田氏に満面の笑みで伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ