大リーグ開幕のカギを握る…選手会専務理事トニー・クラーク氏

【ダッグアウトの裏側】

 米大リーグは独立記念日(7月4日)前後の開幕を目指して、機構側と選手会の折衝が続いている。米メディアによれば、選手会は18日(日本時間19日)も電話会議を開き、約130人の選手が参加したという。

 交渉の鍵を握るのが、2013年から選手会専務理事を務めるトニー・クラーク氏(47)だ。30球団のオーナーによる電話会議で開幕プランが承認された11日には、「過去に達成できなかったことを果たすために、世界的な健康危機を利用している」と発言。コロナ禍に乗じて、オーナー側が年俸抑制に動いていると非難した。

 クラーク氏はタイガースなど6球団で通算15年プレーした元一塁手。身長201センチのスイッチ打者で、3年連続30発以上など通算251本塁打を記録した。

 ヤンキース時代の04年には、デビルレイズ(現レイズ)との開幕戦のために同僚の松井秀喜外野手らと来日。東京ドームで行われた阪神とのオープン戦で、藪恵壹から「電光スクリーン破壊弾」を放った。

 当時ヤ軍担当だった筆者も一時帰国して取材。写真や翌日の紙面を手渡した際、飛距離が159メートル(521フィート)だったことや、修理費が約50万円だったことを伝えたのがきっかけで、米国に戻ってからもよく話すようになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ