ヤクルト・石山泰稚、守護神返り咲き誓う「奪えたら」

 ヤクルト・石山泰稚投手(31)が23日、ニッポン放送で生放送された特別番組『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 東京ヤクルトスワローズ 開幕へのメッセージ』に電話出演。守護神のポジション奪取への意欲を口にした。

 「昨年はチームの力になれなかったので、今年は奪えたらと思っています」

 昨季はインフルエンザに罹患(りかん)するなど34試合の登板で2勝2敗10セーブ、防御率2.73と悔しい結果に終わり、自身の代わりに助っ人右腕のマクガフが11セーブ、梅野が4セーブを挙げた。2018年には71試合に登板し35セーブを挙げた右腕は今季、再び“定位置”を奪いにいく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ