セ・リーグ、CS中止へ レギュラーシーズン優先…苦渋の選択

 苦渋の選択-。セ・リーグが今季、クライマックスシリーズ(CS)を開催しない方向で最終調整に入ったことが22日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の第2波、第3波に備え、レギュラーシーズンの日程消化や選手の体調管理などを最優先させる方針。一方、パ・リーグはCSを開催する。

 6月19日が有力な開幕に向け、アウトラインがほぼ固まった。その一方で、苦渋の選択を迫られることになった。CSをセ・リーグが開催しない方向で最終調整していることが判明した。

 「クライマックスシリーズをやるかやらないかは、まだですね。結論は最終的には出ていません。(ポストシーズンのやり方を問われて)できるだけ本来のリーグ戦をたくさんやって頂けるようにしたい」

 斉藤コミッショナーは会見で明らかにすることはなかったが、球界関係者によると、セのCS中止については理事会などですでに意見交換されており、見送る方向で、ほぼ一致しているという。

 セがCSを中止するに至った最大の理由は日程上の問題。現在、レギュラーシーズンは120試合を軸に調整しているが、コロナ禍の第2波、第3波となれば中断を余儀なくされる。ハード面についてもセの本拠地は全天候型が東京ドーム、ナゴヤドームのみ。札幌ドームなどパの4球場と比較しても、雨天中止の対応への不安は否めない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ